グルタチオン療法

TEL:0594-23-8800
診療時間:AM 8:30~12:00 PM 3:30~07:00
リンク集 詳しくはこちら
HOME»  グルタチオン療法

グルタチオン点滴療法によるパーキンソン病の治療

パーキンソン病について

日本では人口10万人当たり約100人の有病率であり、65歳以上では人口10万人あたり約200人と推定されています。
典型的な症状として手足の震え(振戦)、硬直、動作緩慢や姿勢の異常が見られます。振戦は静止時に強く、運動時には軽減するという特徴があります。動作が緩慢になる症状は特徴的な症状で、歩行時の第一歩が出にくくなり、椅子からの立ち上がりなどに困難を感じます。病状が進行すると歩行時の姿勢は前かがみで、小刻みな歩行となります。さらに進行すると嚥下障害も出現しベッドで寝がえりを打つことも困難になります。

パーキンソン病の標準的治療

大脳基底核の線条体という部位でのドーパミンの不足が原因であることが判明しており、これに基づきL-dopaというドーパミンを補うような薬を使う治療が標準となっております。しかしながらL-dopaの効果は一時的であり、L-dopaにより活性酸素の産生が増加し病気の進行を早めるという警告もなされています。

パーキンソンとグルタチオン

グルタチオンは脳にとっても最も重要な抗酸化物質の一つであり、脳を様々な有害物質から守る役割を担っています。パーキンソン病患者の脳内においてこの重要な物質であるグルタチオンが減少していることが分かっています。この事実をもとに、イタリアのSassari大学のチームがパーキンソン患者にグルタチオンを点滴投与したところ症状の著明な改善が認められました。アメリカではDr.Perlmuterがこの治療法を積極的に行い非常に有効な治療法であると報告しています。そして、現在では南フロリダ大学で臨床研究が進行中です。

グルタチオン点滴療法

日本では既に40年以上も前からグルタチオンを自家中毒、つわり、妊娠中毒、薬物中毒、慢性肝炎の治療に使用していました。副作用も非常に少ない、安全性の高い医薬品で、薬の副作用の治療に使われることもあるぐらいです。なお、アメリカでは抗がん剤の副作用による指先のしびれ(末梢神経炎)、閉塞性動脈硬化症など様々な疾患の治療に使われています。

パーキンソンの場合、1回800mgから始めて徐々に増量、通常は1,400~1,600mgを点滴で投与します。頻度は週に2~3回、約3ヶ月行います。病状の改善が認められれば、その後は維持プログラムとして週に1~2回のペースで治療します。1回の点滴時間は約30分です。パーキンソン病の進行防止の場合は維持プログラムから開始することができます。有効率は40~60%で、劇的に効果があるケースからまったく無効である場合もあります。

料金

5,400円(税込)

Page top