キレーション療法

TEL:0594-23-8800
診療時間:AM 8:30~12:00 PM 3:30~07:00
リンク集 詳しくはこちら
HOME»  キレーション療法

キレーション療法

歴史

1940年代から始まったEDTAキレーション療法は、当初、鉛中毒の治療として使用されていましたが、1950年代にこの治療が心臓疾患など動脈硬化を原因とする心臓血管疾患に有効であるという報告がなされ、動脈硬化に対する治療としても応用されてきました。
その後1970年代に入るとこの治療に対する学会が発足し、安全で効果的なEDTAキレーション療法が確立されました。

EDTAキレーション療法と効果

EDTAと呼ばれる合成アミノ酸をビタミンやミネラルと共に定期的に点滴する治療法です。EDTAが金属イオンをキール(ギリシャ語でカニのはさみ)のようにつかみ取り結合する性質から、キレーションという名前がついたと言われています。環境汚染などの影響で私たちの体内には様々な有害金属が蓄積されています。若い頃には被曝量が少ないことと 排泄能力が高いことから健康面に与える影響は限られているのですが、加齢とともに有害金属の蓄積量も徐々に増加して細胞の働きを低下させると考えられています。この結果として、ホルモン分泌異常がおきたり、活性酸素が増えることで癌の発生率が増加したり動脈硬化が進行しやすくなり、またアルツハイマー型痴呆など難治性脳疾患の原因になっているとも言われています。有害金属を体外へ排泄することが健康管理の基本と言えるわけです。
EDTAキレーション療法は、有害金属を取り除く効果があり、抗酸化作用により血管を若返らせ、細胞を活性化する効果があります。また血液中の余剰なカルシウムを体外に捨てる働きがあり、それに伴い血管壁などに沈着したカルシウム量を減少させる効果が指摘されています。その結果として、動脈壁の弾力性が改善して柔らかくなり、動脈硬化の治療効果があるというわけです。
抗加齢医学の領域でキレーション療法が注目される理由として、動脈硬化治療効果や、有害金属除去による様々な変性疾患の予防と治療効果が期待できます。

治療プログラム

キレーション療法はACAMが提唱しているプログラムに沿って行えば安全です。プログラムには導入プログラムと維持プログラムがあります。導入プログラムは1回90分のEDTA点滴を5ヶ月以内を目標に週1~2回、合計20~30回実施します。その後は維持プログラムとして月に1~2回の点Hをします。

2種類のEDTAキレーション

EDTAキレーションにはカルシウムCa EDTAとマグネシウムMg EDTAがあります。Ca EDTAは10分ほどで点滴しても安全ですが、動脈硬化に対する効果は確認されていません。このため比較的若い年齢層で、動脈硬化治療の必要のない方で有害金属を排泄するときに使用します。
Mg EDTAには動脈硬化改善作用と有害金属排泄促進作用の二つの作用があります。これを急速に点滴すると血液中のカルシウムが急速に低下するために不整脈や低血糖の副作用を起こす恐れがあるため90分かけてゆっくりと点滴します。動脈硬化治療を目的とする場合はMg EDTAを点滴する必要があります。

EDTAキレーション療法に有効な疾患

  • 細胞の老化防止
  • 脳梗塞、脳動脈硬化、狭心症、心筋梗塞
  • 閉塞性動脈硬化症、血管の硬化や細胞の石灰化の防止
  • 神経障害、記憶力の減退、老人性痴呆の予防と治療
  • 糖尿病性血管障害、高血圧
  • 骨粗鬆症
  • 黄班変性症等の眼病

体内有害金属の測定

  • 毛髪ミネラル検査
  • 尿誘発試験(チャレンジテスト)

腎機能が悪い方はキレーション療法が受けられない場合があります。

料金

16,200円(税込)

Page top